読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高野雀「低反発リビドー」

漫画

低反発リビドー (ゼノンコミックス)

初の単行本「さよならガールフレンド」も大好評(身の回りの絶賛っぷり半端ないし、それに互いない面白さ)の高野雀先生によるショートショート「性癖」漫画。1話が5P前後なのでざくざく読める。

全1巻に30話。勝手に「性癖図鑑」的ものを期待して読んだらちょい違った。もちろん「匂いフェチ」「女装」「縛り」のような「フェチあるある」も出てくる。でも実態は、ステレオタイプな言葉に落とし込むと安っぽくなってしまう「グッとくる事柄」を伝えようとする会話の断片で、性癖というデリケートな題材をステレオタイプな形式ではなく、断面から見るような気もちにさせてくれる、まるで性癖の金太郎飴のような良質の会話劇だった。

たとえば、中にはただた単に男数人が集まって酒を飲んでいるダベってるだけの話もあって(しかも野郎ども、話の結論がちゃんと出せないあたりが最高)、理屈臭い視点でいうと「オチがない(落とす必要がない!)ゆえに発生する気軽さ」、ヘラヘラ視点だと「みんな違ってみんなかわいい〜」というところか(もちろんそう魅せているのは高野先生の力である)。

ちなみにそれぞれ1話で取り上げている性癖を30Pぐらいに掘り下げて描こうとすると、生々しさ&深刻さを伴う読者層の狭いやっかい漫画に豹変してしまうので、このページ数のさっくり感&サバサバした会話は改めてものすご〜く好ましい。あと、食指が動かないエピソードは「へ〜」ぐらいの気持ちで読み進んだらいいと思った。たぶんそこに「興味がない」っていうことが、他人からすると「信じられない」ことかもしれないし、同時にそういえば人の性癖なんて自分には大半がどうでもいいことだな〜って初心(でも性癖の初心って何?)に戻ったりもできる。

あと、すべてのエピソードがみんな唐突な流れなのにさりげなくはじまったように錯覚させられるのは、漫画という枠組みが活用されているところで、これを映像でやるとコントみたいになってしまいそう(たぶん小説でも枠組みとしてはOKなのではないか)。そういう漫画でしか作れないテンポも、すごくよい作品。

低反発リビドー (ゼノンコミックス)

低反発リビドー (ゼノンコミックス)