読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新田章「あそびあい」

漫画

あそびあい(1) (モーニング KC)

中学生のとき、仲の良かった女の子が、文字通り顔面蒼白で私のところへやってきて「怖い」と相談してきたことがある。話を聞くと、深夜帯に下世話なエロい番組を持っている地元FM局のパーソナリティーと仲良くなり、今晩意味深な時間帯に呼び出されているという。それを聞いて私がどんなアドバイスをしたのかは覚えていないが、彼女をとめなかったような気がする。漠然と「まあ自己責任だな」と思った、確か。


「あそびあい」は、倫理がほぼ抜け落ちていて、誰とでも体を重ねちゃう女子高生・小谷ヨーコと、彼女のことが好きで「至極まっとうな独占欲」をもつ男子高生・山下君の物語だ。テーマが濃いのでそこそこに読み疲れる覚悟で取り組んだのだけど、作画のさわやかさとヨーコちゃんの屈託のなさに救われてさくさく読めた。全3巻。「きもちいいことを逃すのもったいないじゃない」と心の底から悪びれなく話すヨーコの表情が、たまにDr.スランプのアラレちゃんみたいに見えることがあるのだけど、人間は善悪の境界がなくなるとロボットに近づくのだろうか(いや、この場合は作者の意図だろうけど)。

話が進むと、人の話をまるで聞かない鉄壁のようなヨーコの心にちょっとだけ変化が表れるのだけど、その変わりかたの具合がなかなか愛おしい。男性目線のご都合漫画にありがちなわかりやすい変化ではなくて、リアルに彼女の中で起こる変化が描かれている。人間そんなすぐには変わらない。変わらないけど何も考えていないほど馬鹿ではない。ここは作者が女性っていうのがすごく腑に落ちる点だった(あと、ヨーコちゃんみたいな考え方の人間は、人の忠告とか外部的な要因じゃなくて、結局のところ自分の内部の変化でしか変われないんだよな、と再認識)。

逆に、彼女の「あそび相手」に対して嫉妬してしまう山下君の心情は、おそらく「普通」で一番世の中にありふれているものなのだけど、なんだか共感したくないような「正しさゆえの気まずさ」に満ちた描かれ方をしている。話の後半で別の女の子との展開があるのだけど、これがなぜか…ものすごく…苦手だった。やっていることはすべて正しい(ただのバカップルである)のに、なんだかそんなやりとりが不自然なことに見えてくるる。「相手の心を動かすため」に取ってしまう過剰な行動は、己の欲望がそのまま表れたものなのではないだろうか、本当に相手のためを思ったらそうはならないのではないだろうか。悶々と考えてしまった。

そういえば、私の周りの性格の「イイ」大人で、「ビッチは(ある意味)女神じゃん!」と言い切った人がいる。そのときはあまりピンとこなかったのだけど、心が何かしらの理由でかけてしまっているヨーコを見ていると、確かにギリシャ神話の女神のようだな、と思った(あの神々ほど自分勝手じゃないけど)。心の痛覚が極端に鈍感な彼女は、まるで魚のように自分の身を差し出してしまう。周りは、いつかそのまますべて食い尽くされてしまう、と心配するのだけど、刹那的に生きる彼女の思考回路にはまったく引っかからないのだった。彼女のことは誰も「修理」できない。自身でOSのアップデートをしていくのを見守ることしかできない。

全体を通してあまり過剰に重い描かれ方はしているわけではないが、ヨーコの思考はやっぱり強烈なので、生々しいのが苦手な男性諸氏はちょっと警戒して読むべし(「モテキ」レベルで悲鳴をあげている友人が身近にいるのだが、そういう人には勧めない!!!)。ただ、するすると読み進められてしまう展開の中にヨーコが女神になった原因がちょこちょこ示唆されているので(彼女の本名が片仮名で「ヨーコ」って知ったときの何とも言えない感じとか)、そこを拾い上げていくだけでもけっこう読み応えはあるはず。

この流れで勧められる漫画としては、やっぱりなんかとてつもなく「欠けている」女を描いた安田弘之先生の「ちひろ」、「ビッチな女子なんてやだ!」という男性にはヤリチン野郎が主体でもっとロマンにあふれた武富智先生の「この恋は実らない」を、「全然平和じゃん!もっとエグいのが読みたいの!」という不謹慎な輩には村上かつら先生のサークルクラッシャー漫画「サユリ1号」を挙げときます。


冒頭の中学の友人ですが、悪い予感は見事に当たり、その後いろいろあって見事に奔放に花開く彼女を私は至近距離で眺めていることになった。家の境遇も私とやや似ていたので、彼女は身近な反面教師だったし、ヨーコちゃんと違ってそれなりに痛い目も見ていた。最後に話した会話が「私、これから渋谷とかじゃなくて中野が来ると思うんだよね」という実にどうでもいい内容で、随分前から連絡が全く取れなくなってしまった。彼女がどこかで平和に暮らしている気が全くしないのは、私が非情だからかな~。

あそびあい(1) (モーニング KC)

あそびあい(1) (モーニング KC)