読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらもちふさこ「α」

漫画

α (上) (ヤングユーコミックスワイド版)

漫画のことをポツポツ書く中で触れたいテーマがいくつかあり、そのうちのひとつが「連載誌で読むべき漫画問題」だ。漫画読みには「単行本派」と「連載派」という2大勢力があり、頻繁に「ネタバレ」をキーワードに死闘を繰り広げているが、そのあたりの是非はともかく、この世には「連載で読んだほうが死ぬほど面白い漫画」が間違いなく存在している。

たとえば「ONE PIECE」の頂上決戦の際の盛り上がりは異常な熱でネット上に広がったし、週刊連載ならではの一話の短さが展開のハラハラさを盛り上げるパターン(スポーツ漫画の試合)など、そのバリエーションは多岐にわたる。いくつか思いつく作品があるので、今後取り上げていきたいと思う。

その中でもかなりレアケースなのがくらもちふさこ「α」(上下巻、2003年刊行)だ。当時は連載誌で読んでいたのだが、数年後に読み直そうと思って単行本に手を出して驚いた。収録の「順序」が連載誌と違っている。具体的には、全12話が「1話、7話、2話、8話、3話、9話…」の順で載っているのだ。しかも話の構造的に、順序が変わってもそれが話の根本を変えるものではないので、単行本派は気づかないという仕組み。実際にamazonレビューでは、誰もそこについて言及していない。

この順序変更に良し悪しはなく、確かにこの変更によって話は圧倒的にわかりやすくなるのだが、「連載派」が味わうことになった「予想外の展開」は完全に失われており、結果的に同じ作品を読んだファンでもその印象は90度ぐらい変わることになっている。

もし、どういうことなのか興味があれば、2008年に発売された文庫版には元の順番で収録されているので、こちらから手に取ってもらうことをオススメする(「α」に連載時の1~6話、「α+」に7話~12話が収められている)

α-アルファ- (集英社文庫―コミック版)

α-アルファ- (集英社文庫―コミック版)

 
+α-プラスアルファ- (集英社文庫―コミック版)

+α-プラスアルファ- (集英社文庫―コミック版)